HIROSHI FUJITA

@aboutme

「アイ・アム・レジェンド」を観て

2018/01/13 06:30:35

アイ・アム・レジェンドを観ました。     以前にも観たことがあるんですが、もう一度、みたくなって鑑賞しました。  

孤高のワクチン博士

ニューヨークが発生源のウィルスに人類が犯され、50億人以上は死亡、6億人近くが「闇の住人(ダーク・シーカー)」になってしまった世界。   ワクチン発見のため、ネビル博士は一人ニューヨークに残り、研究に励んでいた。   孤独と戦いながら。   博士はウィルスへのワクチンを見つけ、世界を救えるのか!?   というのが、ざっくりとしたストーリーです。  

人間の強さと脆さを描こうとしていたのかな

作品的には、SF 映画という部類です。   私の感想としては、人類の生き残りの一人として戦い続ける博士が、「孤独」や「闇の住人」と戦うなかで、人間はどういう行動をとり、どんな感情を抱くのかを描いているように感じました。   そういう意味では、けっこう面白いなぁと思います。   私が博士の立場だったら、どんな行動をとるのかなぁとか考えます。   あるウィルスが蔓延して、人類がゾンビっぽい感じなるっていうのは、よくある設定ですが、その中に一般人が「孤独」のなかで生きていく姿を描くというのは、あまりない部分で惹かれました。   そこに、アイ・ロボットやハンコックで「孤高」という言葉が似合うウィル・スミスが出ているから、作品としての魅力が一層ましているように感じます。   ちょっと怖い部分もありますが、人間ドラマとして見れば、とても面白い作品ですので、ぜひ鑑賞してみてはいかがでしょうか。  

とうとう。。。。

おれもこんなこと書くようになったのか。   むず痒い。笑