HIROSHI FUJITA

@aboutme

Mac で Golang を使った開発を始める(3)

2017/09/22 05:39:26

前回から丸2ヶ月ほど経ちました。   早いものですね。笑

さて、やっと Golang 開発の次のステップへ。

前回は環境をつくったので、今回は実際のコードを書いて、実行してみるところまでやります。

プロセスは main パッケージから始まる

Go のプログラムは、main パッケージの main 関数からプロセスが始まります。

main から、いろんなパッケージを読み込んだり、実行したりしていくわけです。

まずは、前回作成した src/github.com/shuufujita/ 配下に main.go を作りましょう。  

  この辺はさくっとできるかと思います。

main.go には何を書くかというと。。。  

  こいつが main パッケージですよ、という宣言から。  

  次は、標準出力などのライブラリをインポートします。  

  大事な main 関数で、Start main.go を出力するようにします。

実行バイナリ作成 [ go build ]

  では、バイナリを作成してみましょう。  

  これで、カレントディレクトリに main ができます。  

  を実行して、“Start main.go” が表示されれば、大成功。

一歩の歩幅が狭い。笑   次はもう少し進んで行きたいと思います。