HIROSHI FUJITA

@aboutme

ひろし、いまは28歳。

2017/08/05 15:02:50

先日、8月2日に28歳となりました!

平成1年に生まれてから、平成とともに歩んできました。

ちょっと人見知りな私ですが、28年間で多くの方と繋がることができました。

最近ではオーストラリアの方ともお友達になることもでき、日々新しい発見の毎日。

今は大阪に住んで、ITの仕事。

会社の方にもお客様にも良くしてもらっていて、本当に楽しい毎日です。

やっぱり読んでもらえるのは嬉しい

先日、友人と飲んでいて、言われた一言。

「最近、ブログ更新してないやん。楽しみにしとるよ。」

めっちゃ嬉しい一言だなぁと思う反面、ちゃんと続けないとなぁと改めて思った次第です。

特に、誰に向けてって感じでもないんですが、読んでくれる人がいるならばと再燃してみたところです。

人生を振り返ると。。。笑

私は、人とすぐに仲良くなれる!っていうタイプでもないんです。

でも、長い付き合いの友人も、最近しりあった友人も、いろんな人と繋がりがたくさん増えてきました。

たぶん、正直に生きているからかなぁ、なんて思います。笑

いい意味でも悪い意味でも。

好きに生きている部分が大きいので、周りには迷惑をかけているかもしれません。

私と関わってくれてるみなさん、本当にありがとうございます。笑

名前がきらいだった

話は変わって。。。

私の名前は「周」で「ひろし」とよみます。

だいたいの人は「えーー!よめない!」とか、「めずらしいね!」とか言います。

正直、あまり好きな名前ではありませんでした。

実際のところ、人生の半分は「しゅう」と呼ばれて生きてきましたので。笑

小学生の頃のころまではよかったんです。

でも中学生とかになって名前のことを気にし始めました。

「なんで読めない名前をつけるんだ!」って。

「あまね」とか「しゅう」とか「めぐる」とか、他の読み方がかっこいいなぁと思っていました。

「ひろし」って、良くある呼び名だし、古い感じするし、ダサい感じで嫌いだったんです。

でも、あるきっかけでちょっとずつ好きになりました。

名前の由来はすごく大事

学校で「親御さんに名前の由来を聞いてみよう!」っていうのがありました。

そこで、親に「ひろし」の名前の由来を聞くことになったんです。

「こころがひろい、やさしい人になってほしい」

こころがひろい、だから「ひろし」。

子供の頃は、「ふーーん」程度にしか思ってなかったです。

でも、大学生になって、とある本を読んだころから違った感じに捉えられるようになりました。

名前の捉え方が変わった本

「チーム・バチスタの栄光」

海堂尊さんの作品で、主人公の田口先生が初対面の人に聞くのが「名前の由来」。

名前の由来を聞くと、その人がどういう人かがだいたい分かるらしいです。

詳細は作品を読んでみてほしいんですが、これ結構おもしろいんです。

僕も、いろんな友達に名前の由来を聞いてみました。

やっぱり由来がその人の雰囲気とか行動とか、考え方とか、いろんなところで影響しているなぁと感じました。

あらためて「ひろし」の由来を考えてみた

それを知って、私の名前の由来を改めて考えてみたんです。

「こころがひろい、やさしい人になってほしい」

自分がこの由来に近いかどうかは、僕の人生に関わってくれている方々に判断を任せます。笑

名前に関して好き放題いわれてきたせいもあるのか、少なくとも、大抵のことは受け入れられるようになりました。

ドMと言われるほどに。笑

(こころに余裕がなくなったときは別です。笑)

由来をあらためて考えてみると、なんか「ひろし」っていう名前も悪くないって思うようになりました。

「よめなーい!」ってなるのはもう慣れっこですが、それで「ふじたひろし」っていう存在は覚えてもらえやすくなりました。 (いまは髪型もあいまって、だいたい覚えてくれる。笑)

覚えてもらうと、気にしてもらえたり、一緒に楽しい時間を過ごせたり、いろんな繋がりになったり。。。

「ひろし」っていう人生も悪くないなって。

やっぱり由来って大事

由来を知らなければ、まわりの情報だけで「ださい」「ふるい」「きらい」と思っていたでしょう。

今と違って、こころの狭い自分になって、今の自分はなかったかもしれません。

こんな経験があるからこそ、子供には「そう呼びたいから」とか「なんとなく」とかで名前をつけないでほしいって思うのです。

子供にとっては、それが人生ずっとついてくるものだし、好きになれたら、その子の人生も大きく変わってくるからです。

ちょっと、最後は真面目な話になりましたが、これでみなさんも覚えましたね。

「周」で「ひろし」。笑

これからもよろしくお願いいたします。

 

“胸に並べた 10の不安も 一思いに蹴散らして”

「My Best Friend」 - Little Glee Monster